角本かくほん 近藤材木店

会社歴史・沿革

明治33年(1900)
創業
下伊那郡浪合村で林業・山師を営んでいた家に生まれた(初代)「近藤金次郎」が、飯田市吾妻町にて近藤材木店(材木・製材業)を始める。
昭和14年(1939)
戦中機械を供出される中、金次郎は婿養子「富男」と共に、他の材木屋の人達と飯田製材工業協同組合を現在の曙町に立ち上げ、初代会長に就任する。
昭和16年(1941)
「富男」が初代に代わり2代目となる。
昭和19年(1944)
2代目、第二次世界大戦に出兵。戦死。
戦中戦後は、妻「安繰」と母で家業を守る。
飯田の大火後、都市計画のため飯田製材工業協同組合の跡に吾妻町公園ができる。
また吾妻町の土地も一部供出される。
昭和36年(1961)
飯田市の三六災害後、蒲郡小林製材より「勝義」が帰郷、3代目となる。
材木業の他、建築業へと広げていく。
昭和48年(1973)
工場を羽場坂バイパス沿い(鼎上茶屋3301−5)に建てる。
昭和53年(1978)
本社ビルを(吾妻町112)に建てる。
平成 6年(1994)
社名変更 有限会社 角本近藤材木店とする。
平成19年(2007)
「淳士」が4代目となる。
平成22年(2010)
現在、事務所を改築中。

近藤材木店「家族と従業員」昭和11年頃
当時の近藤材木店「家族と従業員」